RoomClip 販促支援ラボ

「暮らし」のSNSだからできる、生活者ソーシャルリスニング 〜「お米」の投稿イベントから

「暮らし」のSNSだからできる、生活者ソーシャルリスニング 〜「お米」の投稿イベントから

ソーシャルリスニングというマーケティング手法も、ツールの差異はあれど今や企業のマーケターに定着した手法です。SNS上に投稿された声を拾って、ブランドや商品への共感、キャンペーン前後の評価、クチコミの分析をする際に主に活用されています。

ここでひとつ、突飛な質問。
「お米をしまう様子をインスタしたことありますか?」

ソーシャルリスニングに対してネックをあげるとすれば、あくまでユーザーがSNSにアウトプットした情報しか分析できず、あまりに日常的、もしくは「映え」なさすぎて、日常、意識すら向けられないようなトピックには不得手な点です。日常のポジティブ・もしくは逆に際立ってネガティブな部分にスポットライトが当たりやすいのはいま一般のソーシャルメディア(SNS)の使われ方であることは共通認識と思います。よほどのこだわりがなければお米の保存場所が脚光を浴びることはないでしょう。

特化型のソーシャルメディアはその使われ方も特化する

写真を投稿できるソーシャルメディアは、InstagramやTwitterなど、思いつくだけでも無数のサービスがありますが、RoomClipはその被写体を「お部屋」に特化し、みんなの住まいや暮らしの様子のシェアをテーマにしたサービスであることが特長です。事実、AppStoreアプリでも「模様替えしよう」といったメッセージとともにピックアップいただくことがあります(↓下図)。
(先日はテレビで「人の部屋の家具が買えるアプリ」としてもおすすめいただきました)

そのため、お部屋に関してどこよりも目当ての写真を見つけやすかったり、話題にしてもらいやすくする工夫が多く設けられています。

ユーザーが注目しなかった部分にもスポットを当てる「投稿イベント」

それらの工夫のひとつとして今回取り上げるのが「投稿イベント」です。RoomClipのコミュニティチームがテーマを投げかけ、それに沿った投稿をユーザーがするもので、常時多様なテーマで開催されています(最近は15件前後が毎月開催)。 旬の話題や、もしくはユーザーも日常気にしないような住まいの様々な場所やシーンに視線を向けてもらい、投稿やおしゃべりを誘うきっかけとして楽しんでもらっています。

いくつかピックアップすると、例えばこんな投稿イベントが開催されています。

一般のソーシャルメディアは通常、サービスの運営側から定期的に投稿を促すことはありません。しかしRoomClipは生活者としての住まい・暮らし領域のあらゆる話題を集める特化型のメディアだからこそ、あえて運営がユーザーに対話的に向き合うことも積極的に行なっています。

「お米、どうしまってる?」

多様な投稿イベントが日々開催される中、7月に開催されたのが「教えて!お米、どんな風に保存してる?」。お米自体、日の当たらない場所に置いている方がほとんどと存じますが、これまたソーシャルメディアの投稿においても日の目を見なさそうなテーマです。

このイベントには、結果として400枚近くの写真=生活者のリアルな実例サンプルが集まりました。RoomClipを「暮らしのビッグデータ」と称することもある中、そう呼ぶには少量かもしれませんが、それでもお米の置き場所ひとつにそれだけサンプルが集まったのは、家の中を覗いて回りたいマーケターや開発者など業界の方目線で見ても興味深いといえるかもしれません。

知らなかった誰かの常識に出会う

さて、実際に集まった写真の内容を見てみましょう。一定の目線で分析を加えてみると、ここまでの能書き以上に、たくさんの発見があります。

いわゆる「米びつ」にしまわない

例えばお米をしまう容器。私は新生活を始めた時、はホームセンターに 「米びつ」を買いに行き、今でもそれを使っています。
棚にはプラスチック製の専用容器ばかりが並んでいて、大多数がそこから選ばれているものと考えていました。が、実際の投稿を分析すると、いわゆるプラスチック容器が1位ですがタッパーまで含めてようやく30%未満といったところ。住まいによって素材は様々であり、硬い容器ではない、ジッパーやビニールバッグを活用した例などいずれも少数派ではありません。

↓期間中で最もいいねされた写真。米袋ごと入る専用のプラスチック容器。いわゆるプラの米びつも、アイデアの加わったものが多かった。

撮影:flannel. さん

冷蔵庫という選択肢

また、容器から一歩目線を引いて、置き場所を見てみると、「冷蔵庫」という選択肢が一定数いることに気がつきます。こちらは恥ずかしながら、私のこれまでの視界に一切入ってこなかった選択肢でした。約2割の生活者が、何らかの方法でお米を冷やして保存しています。

↓期間中で最も保存された写真。フリーザーバッグに決まった合数で小分けし、野菜室に保管されるそう。

撮影:sally さん

「冷温保存」のニーズは数値以上

なぜ冷やす必要があるの?写真だけでなくコメントまで読み込むと、現在常温保存されている方も、冷温にすべきと思いつつもやむを得ずそのままという方が見つかります。美味しく長期保存できる期間や防虫等の観点から冷温にメリットがあるということです。
美味しさや衛生の観点を知れば、私も腑に落ちました。つまり冷温保存はニーズでいえば現状以上のユーザー層があります。また、こういった発見が新たな選択肢を私のような誰かにインプットする可能性も垣間見えます。

↓「(コメント抜粋)お米の保存について調べたところ、貯蔵開始と比較して食味が低下して味に差が出るのが25℃で2カ月、20℃で3カ月、15℃で5カ月、5℃で7カ月。虫は20℃から発生・繁殖しはじめるとのこと…」

撮影:riko さん

RoomClipだからできる、生活者へのソーシャルリスニング

投稿イベントを通して、一般のソーシャルリスニングだけでは得られない生活者のインサイトを発見するケースがあります。お米に限らず、暮らしにおいては、ユーザーがこれまでオンラインで話題にしなかった事柄は無限にあるはずで、住まいのソーシャルメディアであるRoomClipは、生活者とともにその発見をお手伝いできればと考えています。
クックパッドはレシピにフォーカスしたサービスを提供することによって、「おふくろの味」に変わる、 どこかの家庭では当たり前となっていたレシピを伝える・出会う・広がる機会を創出しました。そのようなどこかの誰かの当たり前を可視化し、選択肢となるきっかけを提供するのは、私たちの役割の一つです。


RoomClipでは、本記事のような取組みをはじめ、暮らしや住まいに関するリアルなユーザー実例情報から得たトレンドウォッチやマーケティング支援など、多様なご提案が可能です。カジュアルにご相談、お待ちしています。

企業様向け媒体資料・お問合せ先情報はこちら


この記事を書いた人:RoomClip PR室

実例コンテンツを活用した住設、家具、家電、日用品のマーケティング支援情報を配信します


1位はファストインテリア。「RoomClipトレンドランキング2019」を発表

1位はファストインテリア。「RoomClipトレンドランキング2019」を発表

2019年8月、日本最大の住まいと暮らしの実例写真共有サービス「RoomClip」は、投稿されている約360万枚の住まいと暮らしの実例写真と、写真に付与されたタグ、いいね、コメントなどのデータを分析し、2019年上半期「住まいとインテリア」の注目ワードのベスト10となる「RoomClipトレンドランキング2019」を選出し、発表しました。さらに今回、ランキング発表とともにその背景と今後を占う考察を加えたタブロイド紙を発行。ビジネス向けの展示会イベント等で、配布を開始しています。

住まいのソーシャルメディアならではのランキング

これまで、実際に人が生活している住まいやインテリアの情報については、インターネット上のデータが限られており、客観的な評価が困難でした。

RoomClipトレンドランキングは、実際の生活者の動向をリアルに反映したユニークなトレンドデータとなります。RoomClipは、今後も継続的に住まいと暮らしに関する調査結果を様々な形で発表して参ります。

↑ 2019上半期、リビングルームの写真保存数でNo.1。トレンドの代表としてピックアップさせていただいた写真。第一次住宅取得層は成熟へ。ファストインテリアで暮らしのベースを作る一方で、業者から提示される選択肢を超えて施主支給やDIY、オーダーメイドを駆使して自分の「好き」を追求した自分スタイルの住まいづくりがトレンドとなっており、実現した理想の暮らしは小掃除やリペア系DIY、マグネット収納、ロボ掃除機といった現代のライフスタイルにあった新しいノウハウやハードウェアにより支えられています。
撮影:Rinさん

TOP10キーワードと解説

  1. ファストインテリア
  2. 施主支給
  3. 小掃除
  4. 日本のカゴ
  5. キャスター
  6. オーダーメイド
  7. ロボット掃除機 × コードレス掃除機
  8. リペア
  9. マグネット収納
  10. 自分スタイル

No.1 ファストインテリア

安価で多様な商品をラインナップし、いつでもどこでも購入できる商品をたくさん揃えているインテリア系ブランドが、日々の暮らしを支えるのに欠かせない存在となっています。

No.2 施主支給

新築やリノベーションで施主側から建材や設備などを提供する方式。業者側から提示される選択肢を超えたユーザーのニーズが表出してきています。

No.3 小掃除

年末の大掃除や週末の掃除を、日々の活動の中に分散して行ってしまうこと。シャワーのついでにお風呂掃除するなどのノウハウやその活動を支えるグッズに人気が集まりつつあります。

No.4 日本のカゴ

日本の古くから使われていた竹の水切りカゴや籐脱衣カゴがリバイバル。実家から取り寄せて使う人も見られます。

No.5 キャスター

暮らしの中でのキャスター利用がより定着。平台車の活用や、キャスター付き洗濯機台のほか、後付けできるキャスターをゴミ箱や収納ボックスに付けるなど、用途も広がっています。

No.6 オーダーメイド

サイズと生地を選べるオーダーカーテンをはじめ、オーダー収納などが人気上昇。ファストインテリアブランドからの展開が普及を後押ししているといえます。

No.7 ロボット掃除機 × コードレス掃除機

デイリーでのロボット掃除機とスポットでのコードレス掃除機の組み合わせ運用が人気に。共働き世帯の家事の負担軽減にも寄与するということで、さらなる普及が続いています。

No.8 リペア

無垢材の補修や、画鋲で穴を開けてしまったクロスの補修だけでなく、椅子の張り替えや、割れてしまった器を自分で金継ぎしたりするなど、様々なシーンでのリペアに注目が集まっています。ある程度完成した暮らしに対して、継続的な維持を目的とする様子もうかがえます。

No.9 マグネット収納

ユニットバスの壁面、洗濯機や冷蔵庫の側面、玄関ドアの内側、などにマグネットで設置できる収納棚を使った収納が増加中。スペースの最大活用で便利と話題が集まっています。

No.10 自分スタイル

「北欧インテリア」のような特定のスタイルではなく、既存のスタイルに分類不可能なスタイルの部屋が増加。スタイルを横断したアイテム選びがスタンダードとなりつつあります。

キーワード選出にいたった背景は?今後、本ブログでお届け

今回、2019年上半期のトレンドと銘打ったものの、ランキングに取り上げたキーワードはどれもここ数年間、RoomClip内のコミュニティーを眺めていても試行錯誤の上に成り立っているといえるものでした。

タブロイドでも触れていますが、この度のキーワード選出に至って、この背景を振り返り、リアルな暮らしのシーンで起こっている新しい変化について、住宅設備、家具、家電、インテリア雑貨、日用品など住領域を横断した考察を行っています。この内容に関し、今後引き続き記事にてご紹介していきます。

インテリア関連イベントにて、タブロイド配布中

この度、トレンドランキングの発表と同時にその考察とともにニュースペーパーとして発行したタブロイドを配付中。住まい、暮らし、インテリア関連のイベントにてお渡ししています。内容をご覧になりたい企業様は、RoomClipまでお問い合わせください。

今後の配布予定イベント

  • JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2019(2019/8/29〜31)
  • 第88回東京インターナショナル ギフト・ショー秋 2019(2019/9/3〜6)
  • JAPANTEX 2019(2019/11/13〜15)
  • IFFT 2019(2019/11/20〜22)


最後までお読みいただきありがとうございました。RoomClipでは、本記事の企画をはじめ、暮らしや住まいに関するリアルなユーザー実例情報から得たトレンドウォッチやマーケティング支援など、多様な取り組みが可能です。まずはカジュアルにご相談ください。

企業様向け媒体資料・お問合せ先情報はこちら


この記事を書いた人:RoomClip PR室

実例コンテンツを活用した住設、家具、家電、日用品のマーケティング支援情報を配信します